2013/01/15

都心の雪道は精神的に疲れる。

先日の3連休、奥さんの実家、伊豆に帰省していた。
いつものごとく、1泊の強行軍。それでも行きは順調。大井松田ICあたりから姿を現す巨大な富士山を見ると静岡に向かっている実感が湧いてくる。
002


続きを読む "都心の雪道は精神的に疲れる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

飛騨高山

飛騨高山に行ってきた。
埼玉の川越にも少し似ているような感じもするが、川越は観光地化が進んでおり、こちらの方が情緒があっていい。
古い町並みや朝市など街を散歩するだけでも楽しめる。
ついつい、つまみ食いしてしまうが。。。

続きを読む "飛騨高山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/15

浅草浅草寺にて

浅草に行ったついでにふらっと浅草寺に寄ってみた。

続きを読む "浅草浅草寺にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/01

バスツアーで上高地(5/26)へ

珍しく日帰りバスツアーで上高地に行ってきた。

自分で車を運転すると疲れるので、日帰りで行こうなどと考えたこともなかったが、
バスだと楽ちん。

続きを読む "バスツアーで上高地(5/26)へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/31

武蔵おごせハイキング大会に行ってきた。

大会は事前申込制で7,17,27kmの3コースあり、27kmコースで申し込んでいた。前日は台風だったので、翌日の台風一過を期待したが、当日はあいにくの曇り空。
会場である越生町役場に到着すると、前日の台風により、山道はぬかるんでおり、安全確保のため、27kmは中止とのこと。
少し残念だけど17kmコースに変更。
今回は先日購入したiPhone用のmotionX-GPSというGPSソフトの検証のため、コースエリアの地形図をあらかじめiPhoneにダウンロードしておいたので、早速、ソフトを起動しスタート。
歩き始めると、一箇所、急な下りで滑りやすい所で渋滞したくらいで、全体的には思っていたほど密集せずに歩けた。
途中で雨に降られたが、無事にゴールに到着。
ゴール後、会場で食べた名産の「ひもかわうどん」は美味しかった。
越生町が一丸となって参加者をもてなして大会を盛り上げているのが、感じよかった。
来年は27kmで是非参加したい

詳細はこちらをご参照ください。→おごせハイキング

motionX-GPSの結果は以下のとおり。

↓これは事前にダウンロードした地形図。

1026

地形図を拡大したところ

1027

グーグル地図に切り替えたところ。通話圏内であればグーグルマップを利用することも可能

1028


1029


総距離:18.1km 平均歩行速度:4.2km/h 歩行時間:4h20m
休憩(止まっている)している間は計測を止める設定もあるようですが、今回は休憩時間も含まれます。
1030


う~む、面白い。山歩きには必須になりそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/31

日本一の大吊橋

日本一の大吊橋として知られる「九重”夢”大吊橋」に連れて行ってもらった。
長さ390m、高さ173mということで、人道用としては日本一とのこと。
ここは昨日(10/30)オープンとしたということで、平日だというのに他府県からの観光客ですごいことになっていた。
まず、駐車場まで林道のようなところをひたすら登ってゆくが、駐車場のかなり手前から一寸ずり(*1)状態。橋に着いても、入場制限が掛かっており待たされ状態。
確かに制限でもしないと人の重さで落ちてしまうのではと思われるほど幅も狭い(1.5m)。(^_^;

それでも吊橋を進み、橋上からの見渡しはまさに絶景!
九酔渓、鳴子川渓谷の雄大な景色や、巨大な滝が目の前に広がる。
こちらは紅葉は、まだ早いとのことだが、すでに色つきだしているものもあり見ごたえ十分。
ただ、高所恐怖症を自負している者としては、かなり怖いものがあった。(^_^;
風も強く橋も左右に揺れ、床板はグレーチング(格子状になった鋼材)になっていて下が見えるようになっている。
もう、びくびくものだったが、タイミングも良く、いい記念になった。

今回の大分出張も数々の暖かいおもてなし、ありがとうございました。m(_ _ )m

*1)一寸ずりとは、大分の言葉で渋滞のとき少しずつ動く様子ということ:昨日教えてもらいました。

P1050439s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

水沢うどんツアー

今日は会社の先輩と群馬県伊香保町の水沢までうどんを食べに出かけた。
2年前くらいから食べに行こうと言っていたのがやっと実現した。

一応、うどんがメインでオプションとして榛名山散歩と温泉を付け会社の先輩2名と私の3名で朝7時過ぎくらいに出発し、まずは榛名山を目指した。

榛名山は榛名湖を頂点としてその周りにあるいくつかの外輪山の総称であり、榛名湖までは車で登れる。
今回は山がメインではないので、榛名湖周辺のロープウェイから簡単に登れる榛名富士を目標とした。

この日、空は曇りがちで渋川ICで下りると山頂部はガスに覆われていた。いやな予感がしたが、実際、榛名湖周辺はすごいガスっており、視界も効かなければ、霧雨もあり、しかもものすごく肌寒いので、山は諦めて麓まで戻った。

こうなったら、メインのうどんに行こうということで、早速水沢へ朝は早かったため、昼食まではまだまだ時間はあるので、とりあえず観光名所である水沢観世音でお参りし、早速、目的地である田丸屋へ向かった。
この店、中はなかなか豪華でしゃれたつくりになっており、天正10年(1582年)創業ということだが、この年は本能寺の変が起きた年。
そんな頃から今に至るまで営業を続けているとはすごいの一言。
うどんのほうも腰が強く歯ごたえよろしく、喉越しもgood!
Pa140016s_1
当然のごとく、生タイプのお土産もゲット!

さて、時間もたっぷりあり、次は温泉ということで、草津温泉や万座温泉に行こうという意見も出たが、ちょっと秘境っぽく誰も行ったことがない、四万温泉へと向かった。

ここは有名な温泉だが、かなり山間に入ったところにあり、四万川沿いにいくつもの温泉宿などがある。
日帰りの立ち寄り湯などの存在が分からないため、観光センターによって聞いてみたところ、教えてもらったのが、清流の湯
お風呂は広く、露天もあって清流を眺めながら浸かるのは気持ちがよい。
ただし、これは男湯だけで外から丸見えになってしまいますが。(^_^;
川を挟んだ向こう側の斜面にカモシカが佇んでいた。
え!こんなところに下りてくるのって、最初は驚きましたが、改めて山深いところだと思わされました。

温泉の後は帰るだけでしたが、今回は山登りもなく、のんびりとした1日を過ごすことができました。
↓帰り渋川ICそばからの榛名山。すっかり晴れ上がってました。
Pa140041s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

朝の交通渋滞は本当に疲れる。。

今日は子どもが運動会の振替休日だったので、会社から休みをもらって東京ディズニーシーへと行ってきた。
子どもの誕生日が9月ということで、生まれてから毎年この月に行くようになっている。
6時半には出る予定が寝坊して、出発するのが7時過ぎになってしまった。
東京を抜けなればならないが、平日の朝の渋滞がひどいので少し遅れるだけでも渋滞が進み到着時間が大幅に遅れてしまう。心配しながら高速を急ぐとコース途中で事故渋滞10kmの標識が目に入った。
「やばい事故だよ。完全に車が止まる。どうするか~」といっているうちに渋滞は17kmになっている。
シーまで35kmあるのに半分渋滞かよ。って気分はブルーになってきた。
高速を下りても疲れるだけで時間もあまり変わらないだろうということで、そのまま進むことにした。
散々、渋滞にはまりやっとたどり着いた。朝からの渋滞は慣れない者にとっては本当に疲れる。。。
Photo
去年もディスニーシーに来たが、今年は5周年ということでいろいろなイベントをやっており、平日の割りに人も多かった。まあ、ここは平日も休日もあまり関係ないのでしょうが。。。
しかし、ディズニーシーは広いし、水のテーマパークだけあって海や川の部分が多く、目的地に向かうにも迂回しなければならない場合が多く、とにかく歩いた。同じ1日いるにしてもランドよりも遥かに歩くような気がする。
でも新しいアトラクションである「タワー・オブ・テラー」にも乗れたのでとりあえずは満足したかな。
でも本当に疲れた1日だった。。。
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

夏休み-2

浄連の滝
萬城の滝

今日も昨日に増して暑かったので、滝へ行こうということになった。
伊豆の滝といえば、河津の七滝など有名だが、今回は修善寺から近い浄連の滝、萬城の滝の2つの滝を見てきた。
どちらも同じような規模。浄連の滝は有名で何度も足を運んだことがあるが萬城の滝は初めて。萬城の滝は、滝の裏を通り裏側から滝を見られることから裏見の滝とも呼ばれているらしいが、現在は崩落のため、裏側へ続く通路は閉鎖されていた。残念!
だけど、どちらの滝でもマイナスイオンを浴び、涼しさを満喫できた。
また、浄連の滝の下流側は管理釣り場になっており、30分だけやってみた。
ここで釣れるのはニジマスとアマゴで両方ともマスの仲間。
アマゴは関東地方には棲息しておらず(詳細は分からないが)、管理釣り場とはいえアマゴを初めて釣った。身体にアマゴの特徴である赤い点が散りばめられていてとても綺麗な魚だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

大分にて

P1040638s
先日、大分へ出張した際の最終日、要件が早めに済んだので、湯布院と別府観光に連れていっていただきました。
湯布院の側には由布岳という急峻な双耳峰でかつ独立峰としてすごい存在感を放っている山があります。
この由布岳の周りは高原のようになっており、牛が放牧されてました。
牧歌的でどこかヨーロッパのような雰囲気です。(行った事はないけど。。。)

それにしても、あのような存在感のある山を見てしまうと登ってみたくなって、往復するとどのくらい時間がかかるだろうかと思わず考えてしまいました。
スーツ姿なので、さすがに登るわけには行きませんが、いつか機会があれば、登ってみたいな~。

続けて別府の地獄めぐりにも連れて行っていただきましたが、こちらは温泉が噴出しているところを地獄になぞられていて、海地獄、地の池地獄、竜巻地獄。。。と数々の地獄があって、なかなか見ごたえがありました。
その中でも「海地獄」「血の池地獄」を廻りましたが、海の方はコバルトブルーで、草津白根山の湯釜のようでしたが、血の池は言葉どおりでした(^^;;

もう、すっかりと記憶から消えてましたが、幼い頃、妖怪図鑑のようなものを親に買ってもらったことがあり、その中の地獄の説明で、血の池地獄っていうのを思い出しました。
おそらく、ここがモデルになっていたのだろう。。。

あと、写真ありがとうございましたm(_ _)m
さっそく、狭霧台から撮った由布岳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)