2005/09/16

サイン・コサイン・タンジェントって

先日、ディズニーシーに行ったとき、マジックランプシアターにてシャバーン(9/13参照)でが言ってた「サイン・コサイン・タンジェント...」について、子供(小4)に聞かれて、考え込んでしまった。

わたし:それはだな。。。直角三角形の斜めの辺を底辺で割ったものがコサイン、あれサインだったけ?
子供:直角三角形って何?
わたし:直角三角形というのは、ひとつの角が90度になっていて。。。
子供:それで、サイン・コサインって何のためにあるの?
わたし:それはだな。。ピタゴラスの定理というのがあって、三角形にも法則があり、直角三角形の場合、比率が常に同じなんだよ。。。。とにかく中学生くらいになったら、習うのだけど、今、理解するのは難しいな。。。
子供:ふ~ん、じゃサイン・コサイン・タンジェントって、いつかは習うものなんだね。分かったよ。

う~む。実際のところ、ほとんど忘れているような状態だった。
昔、習ったことなので、分かったつもりになってました。最近は子供の突っ込みで、よくボロを出します。。。
こんなことじゃいかんですな。親も勉強しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

英会話のテープを聴きながら

以前、うちの奥さんが英会話の勉強用としてテープの教材を買ってきました。新聞などで結構宣伝されていたやつです。
新聞広告などでは半年でヒアリングがクリアでき、1年後は話すことも可能だと説明している。なおかつ、聴くともなく、とりあえず1日10分でも聞き流していれば、それで良いとのこと。
これはモノグサな私には持って来いです。本当にヒアリングや会話ができるようになるか。私自身で体験中です。一時は通勤の電車の中で聞いたりして、足掛け1年くらいになりますが、う~む、まだ、ヒアリングもクリアしていないな。今も聞きながらというよりも、聞き流しながら書いてますが、本当に聞き流してしまっている状態です。
内容的には、いろいろなテーマ毎に会話形式になっていて、英語で話した後に、日本語訳が流れます。このテープが20本近くあり、それがセットになってます。
同じ内容のテープを、何回も聞いていると、まず、日本語での会話の内容が頭に残ります。それがあると、内容を理解しているので、英語を英語として意識して聞くのではなく、なんとなく日本語、英語の違いを感じないで、聞けるような気がしてきます。違いというのは、以下のような文法の違いなどです。
日本語:私は+花が+好きだ 英語:私は+好きだ+花が
英語を聞いていて、この文法の違いを意識しないで聞き分けられるようになると、格段にリスニング力や会話力が上がってくるのでしょうかね。そのレベルまで到達していないので、偉そうなことは言えませんが。
また、地道な努力が必要なんでしょうかね。手っ取り早く上達するには、駅前留学した方がいいのかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)