2012/09/15

久しぶりに英語の勉強

最近、久しぶりに英語の勉強を始めた。
といっても、いつまで持つか分かりませんが。。。

そこで、始めてみたのが。。

続きを読む "久しぶりに英語の勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

英単語の勉強

単語山という面白いサイトを見つけた。
英単語の正しい意味を三択のクイズ形式で回答してゆくもので10000単語登録されているとのこと。
ゲーム感覚で出来るのが良い。
単語力を上げてそろそろTOEICテストでも受けてみようかな。
今年の目標は500点台か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

たまには緩いのも。。

英会話学習については月曜から木曜日までラジオ英会話のストリーミング放送を聴いて、かつiPodにもダビングして通勤時間中にも聞くのが、半ば習慣になっているが、なかなかヒアリングが上達した気がしてこない。
そんな時には、えいごルーキーGABBYにアクセスするのが良い。
これは幼稚園児や小学の低学年をターゲットにしたような番組だけど、肩を張らずに気楽に取り組める。
3分程度で気分転換には持って来いの内容だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/25

ラジオ英会話

通勤中、iPodでラジオ英会話を聞きだして3ヶ月くらいになる。
パソコンでラジオ英会話のサイトからストリーミングを放送を仮面舞踏会というフリーソフトでWAVE保存。それをMP3へ変換してiTuresからiPodへと、少々面倒な作業が必要だけど、ラジオ英会話はなかなか良い。
テキストだけは毎月380円で購入しており、最初に保存するときだけ、テキストを参照し、あとは電車で何度もヒアリングを行う。1回分が15分というのも手頃で、何度も聞けるので、頭に焼き付けることができる。
3ヶ月、ウィークデーはほぼ毎日聞いているのだが、なかなか上達はしないけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/18

ラジオ英会話に嵌っている

最近は、iPodでラジオ英会話を聴いている。
ネットで先週の内容が1週間分掲載されており、そのストリーミング放送をパソコン経由で移すのだ。
NHKのテキストは毎月買っており、まず、パソコンにダウンロードするときにテキストを元に発声しながら、意味を理解しておく。それからiPodで聴くので、より聞き取りやすくなる。
15分程度の内容なので、飽きずに継続できるのが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

英語リーディング練習

現在、"The Japan Times online"を題材に英語リーディング練習をやっている。

記事の中から気になるものをニュースをピックアップして、訳してみている。
ピックアップするものは、新聞・テレビで身近なニュースを選ぶようにしている。
よく耳にするホットな話題であれば、英文を見て直感的に理解できる部分もあるので、より分かりやすくなる。
気になる記事が見つかると、その記事をテキストファイルで保存して、英文の下に訳してゆく。一つの記事で15文章ほどあり、毎日3文章ずつ訳すようにしている。
3文章程度がミソで、毎日続けられる程度が良い。
分からない単語はその都度、調べて行くが、一つの記事が完了したら、同じ関連する記事を選ぶようにすると、調べた単語が生きてくるので、より訳しやすくなる。

このリーディングでは、Firefoxを使っているが、goo辞書プラグインを使えるようにすると、意味が不明な単語をダブルクリックで範囲選択後、右クリックで表示されるgoo辞書の英和を選ぶと単語の意味が別ページに表示されるので、簡単に調べられる。

goo辞書は英和の他にも国語、和英など一通り使えるので、Firefoxの場合、goo辞書プラグインを入れておくと便利

ちなみに今のテーマは民主党関連の記事をチャレンジしているが、無理をせずに続けて行きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/01

TOEIC Bridgeの試験に行ってきた。

今日はTOEIC Bridgeの試験日。
大した勉強もしていなかったが、現状の英語力を把握するのと、TOEICテストの予行ということで試験会場に向かった。
駅からのバスは混雑するから、歩いたほうが良いとあったので、30分以上歩いたが、バスも全然がらがらのようであった。
TOEIC Bridgeの受験者数は少ないのか、試験場の人数は200人にも満たなかったような状況で、受験者の半数以上が学生で、なかには中学生もいたようで、7割くらいが女性だったろうか?

試験時間は1時間。問題は100問あり、リスニングセッションが50問・25分、リーディングセッションが50問・35分。

試験が始まったと思ったら、あっという間に終わってしまった。( ̄Д ̄;;

そして、結果は散々だった。。_| ̄|○

ここまでだめだとは。。。

Listeningでは、途中でパニックになり、応答問題がかなりやばいことになってしまった。
そして、Listeningの挽回を図るべく、最初の文法問題(4択)に時間を掛け過ぎてしまった。そうすることで最後の読解問題に影響することが分かっていたのに。
おかげで最後は10問くらい時間が足りずにとりあえずマークシートを埋めるだけになってしまった。
結果が怖い。。。
試験の雰囲気にのまれてしまっているのもあるだろうが、全然、英語力が足りない。
5月のTOEICテストを受けるどころではない。
悔しさをばねに。もっと勉強しなければ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/02/01

今流行のSpeed LearningをiPodで

最近、英会話の勉強を始めるようになったが、かなり昔に奥さんがカセット版「Speed Learnig」を購入していたことを思い出した。

以前、ポータブルカセットプレイヤー(RQ-CW02)で通勤途中に聞いていたことがあったが、かなり嵩張って、しかもオートリバースではなかったので、ガチャガチャカセットを入れ替えていたことを思い出しながら、「Speed Learnig」を引っ張り出した。

これは石川遼くんが宣伝していることでも有名だが、聞き流すだけで英会話が身に付くというものだ。なるほどテンポもゆっくりめではっきりと発音するところは初心者にとっては分かりやすい。
いろいろなシチュエーションでの会話がベースになっているが、日本語と交互に進むので、話の意味も理解できる。

これをiPodに移植するためにパソコンに落とせないかとネットで調べてみると、カセットプレイヤーのヘッドポン出力端子とパソコンのラインイン端子を接続して、取り込めるとあった(詳細はこちら)。
なるほどと早速、ケーブルを買いに行くが、アナログ端子用のものを買ってしまい間違えに気づかず、パソコン側のマイク端子などにも繋いでみるが、カセットを再生しても一向に音が聞こえてこない。
で、よくよく調べてみるとカセット側もステレオミニプラグタイプと判明。
しまったとばかりに店へ走り、ステレオ用と交換してもらったところ、無事に音が再生された。
パソコンにWAVEファイルで取り込み、iTures経由でiPodへ移植成功。

「英語特有の音」が聞き分けられないため、日本人はなかなか英会話が上達しないとある。確かに訳を見ながら聞いてもなかなか聞き取りにくい言葉があるが、それらを聞き流すだけで、聞き分けられるという。しかも暗記もいらない。
私向きかもしれない。これでヒアリング向上を目指すぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

TOEIC Bridgeを申し込んでみた。

来る3/1(日)に試験がある。
TOEIC Testでもよかったのかもしれないが、まずは現状の英語力を判断するのとTOEIC Testの予備練習として申し込んでみた。
そんなことで、「TOEIC Bridge公式ワークブック」を買ってきて、早速、勉強を始めた。
こんなことをすると現状分析どころではなくなるが、モチベーションをあげるために効果はある。
実際に模擬テストをやってみたところ、”130”程度しか取れなかった。。。( ̄○ ̄;)!
TOEIC テストに換算すると、345程度らしい。ガーン!
TOEICはリスニングとリーディングと50問づつあるが、リスニングの応答問題がかなりやばい。
これは低すぎるかもしれないが、今の実力はもんなものか。
挽回を目指して、少し真面目に勉強しなければ。。。

TOEIC Bridge公式ワークブック
発売元: 国際ビジネスコミュニケーション協会
価格: ¥ 1,575
発売日: 2008/12

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/01/15

TOEIC Bridgeを受けてみようかな

今年は英会話の勉強をやってみようと思う。
勉強といっても、やはり目標は必要なので、流行のTOEICを受けてみよう。
TOEICの目標点数をどの程度とするのが適当なのか想像できないのと、TOEICの制度自体も全く分からないので、とりあえずTOEIC運営委員会HPを見てみた。


TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。

とあった。

種類としては「TOEICテスト」など何種かあって、その中でも入門編として「TOEIC Bridge」というものがあり、「TOEICテスト」の準備段階として、英語の初中級に照準を合わせてあるらしい。

また、これを受けることによって現状の英語力を診断できると言われており、問題数は「TOEICテスト」の半分。
それほど気張らず受けられそうなので、今の私にはちょうど良さそうだ。
で、その結果を元に「TOEICテスト」の(今年の)目標点数を設定してみたいと思う。

そんなわけで、実際、どのような問題構成になっているのか、調べるべく、早速、TOEIC運営委員会発行の「TOEIC Bridge公式ワークブック」を買ってみた。
明日から頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧