« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/04/04

リバース

著者:北國浩二

プロを目指すしがないバンドマンが、エリート医師に彼女を奪われてしまう。
予知能力があるといわれる少女から、この医師に彼女が殺されると告げられる。そこからバンドマンのストーカーとも思われる奔走が始まる。
彼女を守ろうという主人公のストーカーぶりは常軌を逸しており、読んでて違和感があったが、読み進めると、タイトルの意味がなんとなく分かってくる。それなりに凝った展開ではあり、なるほどと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/03

SOSの猿

まるで1Q84のような同時並行する2つの物語。その2つを結び付けているのが、西遊記の孫悟空。
展開するなかで徐々に話が収斂していくのが心地よい。
時間をずらす技法といい、孫悟空の登場、エクソシストなど飽きさせない。
メサイアコンプレックスにより主人公が物語に深く踏み込んでいくのと同様にこちらも引き込まれた。
久しぶりの伊坂幸太郎でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »