« 仁田山へ行ってきました(2/24) | トップページ | 外秩父七峰縦走ハイキング大会の参加カードが届いた »

2013/03/21

大ドッケの秘密の花園に行ってきた(3/17)。

今回は大ドッケの秘密の花園に行ってきた。

ここは以前から行きたかったところで、なかなか時期が会わなかったが、今が見頃との情報をいただき、居ても経ってもいられなくなり決行することにした。

秘密の花園とは福寿草の群生地のことで、不思議とそこだけに群生しており、知る人ぞ知る隠れた名所だ。
安易に人が立ちいることが出来ない環境でもあることも、このような自然が残されている一因であろう。
花園を見た後は、太平山→七跳山→(長沢背陵)→天目山→(長沢背陵)→仙元峠→仙元尾根とぐるっと周回してきた。

詳細はこちら → 太平山

|

« 仁田山へ行ってきました(2/24) | トップページ | 外秩父七峰縦走ハイキング大会の参加カードが届いた »

コメント

おはようございます。
拝見いたしました。大変、お疲れさまでした。
HIDEJIさんの歩かれたルートを分断して歩いたことはありますが、通しというのは考えたこともありません。
なるほど、外秩父ハイキング大会への参加も、下準備がなかなか大変ですね。HIDEJIさんのような心持ちの方だけ参加すれば、渋滞も起きずに、スムーズで気持ちのよいハイキングを楽しめるとは思うのですが。中には、年に一回、これだけはというハイカーもいるのでしょうね。下準備、足慣らしというだけなら、私なら、大クビレから、天目山林道を延々と下るでしょう。長沢背陵プラスということはあり得ませんよ。
この時期の、いつもの長沢背陵がどの程度のものかは知りませんが、残雪がもっとあるかと思っておりましたが、意外というか、こんなものなのでしょうかね。

投稿: たそがれオヤジ | 2013/03/21 08:50

こんばんは。
何かきっかけでもないと、長距離を歩く気も起きませんので、七峰を言い訳にして長沢背陵に向かいました。

高速の自然渋滞と同じように七峰も渋滞する箇所は決まっているようで、7000人も山の中で同じルートをたどると、すんなりとはいかないのでしょうね。かといって別の日に同じコースで42km歩けるのか。。
私は歩けないと、いや途中で諦めると思いますが、やはりきっかけが必要なのでしょうか。
たそがれさんは初めでしょうか。こんな体験もたまには良いと思います。

さて、長沢背陵のあの区間で、北側斜面の巻き道はなく、雪は全くもありませんでした。
遠目に見ても雪はなさそうでしたが、残雪が厳しかったらやばかったと思います。

今回はアドバイスありがとうございました。お陰様で良い経験が出来ました。

投稿: HIDEJI | 2013/03/22 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大ドッケの秘密の花園に行ってきた(3/17)。:

« 仁田山へ行ってきました(2/24) | トップページ | 外秩父七峰縦走ハイキング大会の参加カードが届いた »