« 今流行のSpeed LearningをiPodで | トップページ | 『覇剣』 »

2009/02/03

『ネットカフェ難民』

著者:川崎昌平

副題に「ドキュメント「最底辺生活」」とあるが、期待していた内容とは少し異なるものだった。短期間、ネットカフェに寝泊りして、怠惰に過ごし、お金がなくなったら日雇いの仕事をするといった体験談のような内容。
これを果たして難民と呼ぶのだろうか。
それほど切羽詰った感じではなく、読んでいてあまり切実さは感じられなかった。
著者は芸術大修士課程卒とあり、文章は理路整然としており、なかなかのインテリと思われる。
ネットカフェ難民の実情についてというよりも、ネットカフェで過ごすことの実態や日雇い仕事の体験記としては、文書も面白く楽しめた。

|

« 今流行のSpeed LearningをiPodで | トップページ | 『覇剣』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ネットカフェ難民』:

« 今流行のSpeed LearningをiPodで | トップページ | 『覇剣』 »