« 『銀行籠城』 | トップページ | 本所防災館は面白い »

2006/09/28

『北風の軍師たち』

著者:中村彰彦

大奥に唆され、大御所・徳川家斉から発令された三方所替え(三藩による配置換え)。
きっかけは川越松平家。この家は何度も城地替を命ぜられ、そのつどの莫大な出費によって藩財政が恒常的な赤字に陥り、石高の割りに実入りが少なく、配置換えを願うため暗躍していた。
願いが叶い、三方所替えにより、豊かな土地である庄内への移動が決まり喜んでいた松平斉典。
が、しかし庄内藩では移動反対で領民を率いる天狗たちが阻止運動に走り出す。
地元の川越の話もあり、親近感が湧いた。
川越松平家はどうなるか。下巻の展開が楽しみ。

|

« 『銀行籠城』 | トップページ | 本所防災館は面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『北風の軍師たち』:

« 『銀行籠城』 | トップページ | 本所防災館は面白い »