« 『イスラム超過激派』 | トップページ | 『歴史としての武士道』 »

2005/10/29

999円床屋さん

子供を床屋に連れていった。
今まで行っていた床屋は髪を切る人が3人いたが、上手なイケメンのお兄さんがいなくなってしまったので、別の床屋にしようということで、どこに行くか思案した。

近所に最近、999(10分)円の床屋さんができたようなので、そこへ行ってみることにした。

ただ、この床屋さん、中は広そうなのだが、いつもお客さんがいないので、ちょっと心配。
子供とも「何事もやってみなければ、わからない」から入ってみようかということで、お店に侵入してみた。
店の中はレゲエサウンドが響き、広くて無駄なものがなく、椅子も5脚くらいあるのだけれど、ちょっと、レゲエっぽい店員は1人だけ。先客で小さな女の子がいた。

ほんとに大丈夫かなと、待つこと10分弱。いよいよ息子の番になった。
店員さんに「どんな感じにしますか」と問われたので、耳が出るくらいに周りをつめて、他は適当に合わせてくださいとお願いした。

椅子の高さは低いままで、店員さんの姿勢は腰を落とした一見、無理した体勢に見えるが、腰でリズムをとって、踊っているようにも見える。

手馴れた感じで進み、あらかた終わったところで、「こんな感じでよろしいですか」と問われたので、うなじのところを揃えてもらって終了。

子供の頭を見た分には、そんなに悪い感じではなかった。

子供が切っている間にお年寄りが何人か来られたが、ここは子供やお年寄りしか来ないのだろうか。腕はそんなに悪くはないと思うのだが、あの広さで1人しかいないし、いつもはお客さんを見ないので、そのうちなくなってしまうかもしれない。
今度は、私が挑戦しようと思っている。

|

« 『イスラム超過激派』 | トップページ | 『歴史としての武士道』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 999円床屋さん:

« 『イスラム超過激派』 | トップページ | 『歴史としての武士道』 »